Research

Proceedings

  • Kishiyama, T. (2021). The Influence of Parallel Processing on Illusory Vowels. Proc. Interspeech 2021, 1708-1712.
  • 岸山 健. (2021). 音韻論的記述への計算モデルのアプローチ —音便変化のモデリングによる検証—. 日本言語学会第162回大会予稿集. pp.26–32. オンライン. 6月. (2021年6月. 国内学会.)
  • 岸山 健. (2021). 母音の錯覚から見る並列処理の心理的実在性. 第91回 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会予稿集. pp.6–11. オンライン. 3月. (2021年3月. 国内研究会.)
  • 岸山 健, 広瀬 友紀, 峰見 一輝, 多田 明佳. (2018). 再分析と依存要素間距離の交互作用 —自己ペース読文 実験による検証—. 日本言語学会第157回大会予稿集. pp.64–69. 京都大学. 京都. 11月. (2018年11月. 国内学会.)

Presentations

  • 岸山 健. (2018). 構造的距離から見る否定極性項目間の類似度 : NPCMJを指標にした検証. 「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」研究発表会. 岡山大学 津島キャンパス 情報工学科 工学部 4号館(2018年6月. 国内研究会.)
  • Kishiyama, T. (2018). Structural predictions by agreement errors. NTU-UT Linguistics Festa. University of Tokyo. Komaba, Tokyo. (2018年4月. 研究会.)
  • Kishiyama, T., Chen, T. (2018). Visual World Paradigm: Exploring anticipatory language processing. NTU-UT Linguistics Festa. University of Tokyo. Komaba, Tokyo. (2018年3月. 研究会.)
  • 岸山 健. (2018). 人間が持つ見えない文解析器を見るために. 『ことば と まね -動物とヒトの研究から探る-』.東京大学・駒場キャンパス 21KOMCEE WEST MMホール. (2018年2月. 研究会.)
  • 岸山 健. (2017). 『統語・意味解析情報付き日本語コーパス』を使用した単語 の分散表現獲得におけるデータ拡張の展望. 『「統語・意味解析コーパスの開発と言語研究」2016年度第1回研究発表会』.東北大学 川内北キャンパス 川内合同研究棟. (2017年3月. 研究会.)

Poster

  • 岸山 健. (2019). 階層ベイズを用いた語学学習教材評価. NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウム. 北海道札幌市(2019年8月. 研究会.)
  • Kishiyama, T. (2019). Error analysis of the pronunciation of English by Japanese-speaking learners using Google Cloud Speech-to-Text API. NTU-UT Linguistics Festa 2019. University of Tokyo. Komaba, Tokyo. (2019年1月. 研究会.)
  • Kishiyama, T , Itsuki, I., Haruka, T., Iwasaki, G., & Yuki, H. (2018). Process for minimizing distance between NPI and negation reanalysis. The Forth Chuo-UHM-UTokyo Student Conference on Linguistics, Psycholinguistics and Language Acquisition. University of Hawai‘i at Mānoa. Honolulu, Hawaii. (2018年9月. 研究会.)
  • Kishiyama, T., Hirose, Y. (2018). Structural predictions by agreement errors. The 31st Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing. University of California. Davis, California. (2018年3月. 国際学会. 査読有.)
  • Kishiyama, T. (2017). Do locative NPs have a canonical order?. The Third Chuo-UHM-UTokyo Student Conference on Linguistics, Psycholinguistics and Language Acquisition. University of Hawai‘i at Mānoa. Honolulu, Hawaii. (2017年9月. 研究会.)

Theses

  • Kishiyama, T. (2018). Structural Predictions by Agreement Errors. Unpublished M.A. thesis. Department of Language and Information Sciences, Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo.
  • 岸山 健. 2016. 言語内ストループ課題を用いた第二言語処理過程の検証. Unpublished B.A. thesis. 法政大学文学部英文学科